ハワイ渡航

  • Home
  • 【2022/2/28更新】水際措置変更に伴うハワイ州からの帰国・入国者への隔離規定について

令和4年3月1日午前0時より、水際対策強化に係る新たな措置(27)に基づき、水際措置が変更になります。

厚生労働省 水際対策に係る新たな措置について:

水際対策強化に係る新たな措置(27)

この変更によって、以下の通り自宅等待期期間が変更されます。

新型コロナウイルスワクチンを3回接種していない方あるいは接種歴を証明出来ない方:

原則7日間の自宅等待機を求めますが、入国後3日目以降に自主検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機の継続は免除されます。

ワクチンを3回接種していることが確認できる証明書を保持している方

入国後の自宅等待機が免除されます。

より詳細は厚生労働省ホームページおよびハワイ州観光局等、公的機関の発する最新情報をご確認くださいませ。

厚生労働省 水際対策に係る新たな措置について:

水際対策強化に係る新たな措置(27)


※以下に記載の規定は2022年3月1日の水際措置変更に伴い適用外となります。

ハワイ州からの帰国者・入国者については、2月11日午前0時以降、検疫所の宿泊施設での待機期間を現在の6日間より3日間に変更となっています。

したがって、2022年2月25時点での帰国後の流れは以下の通りです。

① 帰国後は検疫所長の指定する宿泊施設で3日間待機
  ※指定宿泊施設の事前予約等は不要です。

② 入国後3日目に検査

③ その検査結果が陰性であれば検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後7日目まで自宅等にて待機を継続


注)本記事の情報は予告なく変更になる可能性があります。ハワイ渡航の際は公的機関等の発する最新の情報をご確認の上、渡航の準備をして下さい。