その他ニュース

  • Home
  • 【11月初旬から施行予定】 米国入国におけるワクチン接種義務付けについて

米国入国におけるワクチン接種義務付けについて

9月20日、 米ホワイトハウス は11月上旬より海外からアメリカに渡航する外国人に対し、新型コロナウイルスワクチン接種の完了を義務付けたうえで、入国を認める方針を発表しました。

U.S. easing foreign travel restrictions; vaccinations required (9/20/2021, ”Star Advertiser”より)

The U.S. is lifting travel restrictions for visitors. What do the new rules mean? (9/23/2021, ”Star Advertiser”より )

同時に、中国、インド、ブラジル、南アフリカ、イギリス、多くの欧州諸国などを過去14日以内に訪れた非米国市民は現在アメリカへの入国を禁止されていますが、今回の新たな方針により、これらの入国規制は撤廃され、ワクチンの接種を完了すれば入国が認められることになります。

諸外国の人々にとっては嬉しいニュースとなりましたが、もともと入国禁止の対象外だった日本からの渡航者にとっては、 陰性証明に加え、ワクチン接種完了が条件として加わり、ハワイを含むアメリカへの入国条件は厳しくなることになります。

11月以降のハワイ留学に備えて

ハワイへの渡航にあたっては、引き続きハワイ州事前検査プログラム『Safe Travels Program』のルールに則り、ワクチン接種済の方も含め、指定の医療機関により発行された陰性証明書を取得の上、渡航することが前提となります。

ワクチンが未接種で、今回の新ルールに合わせて接種をされる方は、渡航までに接種を完了(2回目の接種から2週間経過した状態)し、接種証明書を取得するようにしてください。

※9/13からホノルル市・郡で施行中のワクチンパスポートプログラム『Safe Access Oahu』への対応としてもご案内しました通り、アメリカ国外でワクチン接種をされた方には自治体が発行した接種証明書のハワイへのご持参をお勧めしております。

認められるワクチンの種類は?

アメリカで承認されたワクチンのみが今回の新ルールに適用されるのかどうかは9/20の発表ではまだ明らかにされておらず、今後米疾病対策センター(CDC)により判断され発表される予定です。

英アストラゼネカ製ワクチンがアメリカへの入国の為の証明に利用できるかどうかも現在未定です。

開始日・証明方法・免除条件は?

これらの諸条件についても正式な発表がされ次第、ご案内させて頂きます。

GVハワイで授業に参加頂くにあたり

GVハワイでは、学校での対面授業にご参加頂くにあたり、現時点でワクチン接種を義務付けておりません。

現在ホノルル市・郡で施行中の”Safe Access Oahu”プログラムでワクチン接種証明が必要なビジネスとして学校は含まれておりませんが、これら自治体のルールや方針は状況の変化に応じて変更する可能性がございますことをご承知おき下さい。

お申込みにおけるご不明な点につきましては、こちらからご連絡ください。

注)この記事の情報は2021年9月28日時点のもので、変更する可能性があります。随時情報元となるサイトにて最新の情報のご確認の上、渡航の準備をして下さい。